ガラスの仮面

サッカーの録画予約をしようとテレビをつけたら「ガラスの仮面」がちょうど始まったとこでした。
いやー、またアニメ化されたんですねぇ。びっくり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

二重買いの恐怖

今日、Amazonのアソシエイトがリニューアルしたというのでつらつらと眺めつつ、最近買った本などをサイドバーに追加したりしてたわけですが、そんなことしてたらTONOさんの新刊予約受付中という情報を発見してしまいました。
さすが、Amazon。うまいなぁ。
(勝手に私が引っかかってるって話もある。)

でもでも、「しましまえぶりでぃ」って持ってるんだよね。
これは、それとは違うのか?
下手したら二重買いではございませんか。
でもでも気になる気になる。
猫好きにはたまりませんもの。
どうしようかな。うみゅうみゅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西炯子の新刊STAYシリーズ

タイトルの通り、西 炯子さんの新刊が6/25に発売されるそうです。
その名もSTAYリバース双子座の女です。

ええと、これはSTAYああ今年の夏も何もなかったわの見た目が男らしい「玉井さん」との回で出てきた「刈川エリ」さんの話です。


雑誌の紹介によると

学校一の優等生、坂本清雅のヒミツを知ってしまった刈川エリ。双子の弟、涼雅の存在が、彼を悩ませているようなのだが…。清く、正しく、美しい愛の世界を描く!

だそうです。
雑誌で読んでましたが、この視点はなかなかないなぁ…さすが西さん、って感想です。

しかし…この紹介文、確かに清いけど正しいのか?とツッコミをいれたくなる私は古い人間なんですかねぇ。
ああでもある意味正しいのかなぁ。うーん。
美しい…まぁある意味美しいのかなぁ。うーん。

月刊flowersでは、STAYシリーズの山王みちると佐藤敦士の話、「少年」の連載が始まってます。
こちらはSTAYプラス お手々つないでの続きです。

ちなみにこれを前に紹介したときに私が書いた文はこれ。

いやもう、絶妙っすよ。昨日買って、既に3回読み返してます。 コミックスでまとめて読むと、雑誌で読んだときよりも強烈ですねぇ。 「山王みちる」、大好き。ぜひお友達になりたい。(笑) 裏表紙の説明文を読んでも、この山王さんの味はわからんなぁ。

たとえば、こんな台詞。
「したら昼からすることねえな。…(中略)…じゃあエロ投稿小説でも書くかな…久しぶりに」

もちろんSTAY を読んでからのほうが面白いと思います。

※裏表紙の説明文※
県立高校の演劇部で脚本・演出を担当する山王みちると、超エリート高校に通う佐藤敦士。一度はデートまでした仲のふたりなのに、なぜかなかなかその先に進まない。みちるのペースに巻き込まれ、振り回されてばかりの佐藤。ただの友達なのか?恋なのか?微妙なふたりの青春アンバランス・ランデブー♪


この二人の話、大好き♪ 続きがたのしみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠藤淑子さんの新刊

遠藤淑子さんの新刊、ファミリーアワーが発売されるそうですよ。
遠藤淑子さんの作品はいつもあたたかくて、新刊が出るたびに買ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨柳堂夢咄の新刊が出るよ

雨柳堂夢咄 其ノ十 が発売されるそうですよ。
買わねば。たのしみたのしみ。

波津さんのすっきりした絵と不思議なストーリーがすき。猫も良く出てくるし。
百鬼夜行抄ほどこわくなく安心して読めます。(?)

あと、波津さんの作品で中国の鳥も出るようです。
これも買わねば。

うう、職ナシなのに~出費が~。
でも新刊うれし~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

拝み屋横丁顛末記 の二巻を買った

拝み屋横丁顛末記 2 拝み屋横丁顛末記 二巻を買いました。

まさに、「爺(じじい) おおはしゃぎ。」
たのし~♪

ええと、本に書いてあったあらすじはこれ。

 とある商店街のとある路地。そこを曲がると見えますは、誰が呼んだか「拝み屋横丁」。 陰陽師に神主、坊主など、住まうは怪しい者ばかり。人も霊も神様も、知らずに入れば泣きを見る。 故に近所の住人、口揃え、「用事がなけりゃ近づくな」。 毎度お騒がせの横丁住人が繰り広げる、悲喜こもごもの珍騒動。 世は太平なれど、横丁は今日も不思議な事件で溢れておりーーー。

三爺はもちろん大好きだけど、貧乏神もいいキャラだなぁ。ふふふ。
ほのぼのしたい時に読むことをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼのぼの のはなし

こないだお友達がうちにきてて、ぼのぼのの話になったので久しぶりに思い出しました。

ぼのぼのというDVDが発売されているのだけど、私がもっていたのはレーザーディスク。それもプレイヤーを手放したときに同時に手放してしまったんだけど、ものすごく影響を受けた映画なのです。

大きな生き物が通ると何かが変わる。

うん。確かに。
そしてあまり細かくは覚えていないんだけど

世の中に 「しなくてはならないこと」 はなくて 「してもいいこと」 だけがある。 世の中を見ていれば良い。それだけで退屈になったら何かをすればいいんだよ。

ああ…癒される~。
こうでなくてはならないとかさ、これをしなくちゃいけないとかさ、色々なことに囚われてしまいがちな日常だけれども、それを強制されているのでなく自分で選んでいると思うだけで、なんて楽になるんだろう。

なんだかもう一度見たくなってしまったですよ。

ぼのぼののDVDでぼのぼの クモモの木のことという作品も出てるみたいです。。
これってどんなんだろ。
気になる、気になる…。
Amazonでの評判もいいみたい。

もし知ってる人がいたらぜひ教えてくださいませ。
そして持ってる人がいたら…こんどみせて~っ!!(ほら、私ってば無職の貧乏人だから。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる本

ふにゃ。 ちょいと前の更新から時間があいちゃいました。

さっきAmazon見てたら【TONO】さんの本 黄色い海岸 が発売されてるではありませんか。
文庫ってことは前に出てるものの再掲載じゃないかと思うんだけど、何が入ってるのかなぁ。
まいっか、買っとこ。
あと、ちょっと納得できないのが【よしながふみ】のフラワー・オプ・ライフ が現時点で売切れていること。
これって発売日、ついこないだじゃなかったっけ?
うーん。今日雨だから買いに出かけるのは面倒だなぁ。
出かけるとしたら車なのにそんなことを思う私はやっぱりとってもものぐさなのでした。


| | コメント (1) | トラックバック (0)