« ネットでパンなどをBLOGすればよかった(BlogPet) | トップページ | こないだ(BlogPet) »

運命の出会い

ごぶさたしてました。
久々の更新でございます。

タイトルの「運命の出会い」のこと。
そんなに物事うまくいくもんじゃないなんて思ってたけど、そうでもないみたいです。


うにゃを失ってからもう一度猫と暮らしたいとずっと思っていました。
でも、うにゃとの出会いが運命的だったこともあって、なかなか踏み切れずにいたのです。
里親募集のサイトを見ては迷い、でもなんとなくしっくり感じることがなく・・・

だって、一度一緒に暮らし始めたら10年、20年一緒に暮らすわけですよ。
ある意味、結婚相手を探すのに等しいかもしれない。
相手の猫生もあることだし、よほどのことがないかぎり決められないと思っていたのです。

だからなかば諦めつつ、ずっと「運命の出会いを探していた」わけなのです。


ことの発端は先々週の土曜日。
美容院にいったらにゃんこがいたのです。
なんでも地域で猫と共生するために、猫を保護して避妊/去勢手術をする団体があって、そこに協力するかたちで保護したにゃんこなのだそうです。
それがかわいくってねぇ。
髪のカラーリングの間、抱かせてもらっちゃいました。

で、そこで猫が好きな話をしたところ、つい数日前に子猫が保護されて飼い主になってくれるひとを探しているというのです。
あらあら。
そしてしかも兄妹で。

ずっと「うにゃ」には仕事の間ひとりでお留守番させちゃって申し訳なく思ってたから、今度にゃんこと一緒に暮らすときには仲良し2匹がいいなぁ、なんて思っていたのですよ。
そしてそれはペットショップで買ったりするんじゃなくて、生きることが大変な状況におかれたにゃんこを少しでも助けられればいいなぁ、なんてね。
導かれるようなきっかけ、そして思っていた条件にぴったりのにゃんこです。

それから美容師さんが、そのにゃんこのボランティアを主催されている方のお宅まで連れて行ってくれて、2匹のにゃんこと対面したのです。
・・・かわいい・・・。

保護されたてで、ケージの中で怯えてちぢこまっていたんだけど、とってもハンサム&美人ちゃん。

ただ、本当にここで決めちゃっていいのか、ちゃんと私は一緒に暮らしていけるのか・・・ある意味命を預かるわけで、責任重大なわけです。
で、ちょっと考える時間をもらったのです。
先週は会社のほうも忙しくて23時前には家にたどり着かない状況だったから、ほとんど検討もできなかったんだけど、それでもずっと悩んでました。

そしてやっと激務から解放された木曜日の夜の帰り道、本当に偶然に紹介してくれた美容師さんにばったり会ったのです。
「ねこちゃん、どうすることにした?」
なんて聞かれて、前向きに考えてるけどまだ迷ってるって話をしたら、
「一緒に暮らすんだったら、いつでもつれてきたら洗ってあげるからね」
なんて言っていただけて、なんだかとっても心強く感じたのです。
この時点で私はもう飼う気まんまんです。

翌日、実家の母にもう一度猫と暮らそうと思うと電話してみました。
・・・反対されました。
お出かけも不自由になるし、世話も大変だし、第一失ったら泣くでしょう、と。

・・・はい。そうでした。

そして、金曜日の夜、ボランティアの主催の方が町内のお祭りがあったからと、わざわざお寿司とか大福とかを届けてくださって、その時に、
「もし一緒に暮らすのだったら家も近いしサポートしますから」
とおっしゃってくださったのです。

なかなかね、ないと思うんですよ。
一人で都心に暮らしていて、こんなに地域の人から猫と暮らすことに協力してもらえることって。

それからもう一度母にも連絡して納得してもらいました。

日曜日にうちによく遊びに来る友達と一緒にもう一度子猫たちに会いにいきました。
それから今度の土曜日にお迎えに行くとお申し出させていただきました。

今週末の土曜日までには猫グッズを通販で簡単にひととおりそろえます。
そしてにゃんこたちを迎えにいきます。

この素敵な出会いはうにゃが導いてくれたんじゃないかな、などとも思ったり。

少しずつ仲良くしていけたらいいな、と思います。

|

« ネットでパンなどをBLOGすればよかった(BlogPet) | トップページ | こないだ(BlogPet) »

「猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15979/13978825

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の出会い:

« ネットでパンなどをBLOGすればよかった(BlogPet) | トップページ | こないだ(BlogPet) »