« 大人力診断 | トップページ | 髪を切りました(こうさぎ) »

夢をみたよ

今朝、久しぶりに印象的な夢を見ました。

夢の中で私は小学校の同級生と橋を渡ろうとしています。
その橋は歩行者専用の木でできた橋で、幅は1mちょっとしかありません。
向こう岸は50メートルくらいに見えていて、川は濁った濁流が足元から50cmくらいにまで迫っています。
多分、向こう岸に行くと帰れるんです。
私たちの20メートルくらい先を3人くらいの男子学生が渡っています。

私は危険を感じつつも、帰りたい想いから足を踏み出すのですが、同級生が躊躇して私を引き止めます。
水かさは増し、橋が水にところどころ浸かっています。
早く渡らないと帰れなくなっちゃう。
そう思って私は更に足を踏み出すのです。
すると橋がどうしたわけか上下にぐにゃぐにゃとくねり、私はバランスを崩して橋にしがみつきました。
前を行く男子学生もよろけて、なんとか橋にしがみつきつつ、それでも向こう岸に渡ります。
私も向こう岸に行こうとしたのですが、橋は真ん中から壊れ、流されていきました。
もちろん私も流されます。
濁流の中に流されるんですが、橋はロープのようなもので木をつないでできていたらしく、橋にしがみついてさえいればおぼれることはありません。
もといた岸を軸にコンパスで90度の弧を描くように流され、私は岸にいた人たちに引き上げられました。

川の土手の緑の草の上に数人で腰をおろし、濁流を眺めます。
向こう岸に無事に渡ることができた学生も確認できます。

渡りたかったな。渡ってしまいたかった。
でもね、死んじゃったらダメだからね。
またいつか、あそこに行こう。

そんなことを思いながら、ずっとずっと川を見ていました。

んで、起きて夢は終わったわけですが、さっき気になって夢診断とか複数のサイトで調べてみました。

  ◆激しい流れの川の夢
生活の不満が逃げたいと思う気持ちを作ってしまっている。

ああああ。逃げたいんだ~、私。(^^;;

  洪水に流されるなら、現状の慌ただしさや大きな出費などを警告します。
洪水を見ているなら、現状、あるいは近未来の経済的な不安をあらわします。
洪水の中、船に乗っていたり、助けられるのは、状況の好転や思いがけない援助を暗示します。
水は感情の表現です。水の流れが速かったり、汚れているのは心の健康状態に注意してください。

あああ。あわただしいんだ~、私。(^^;;
そうだねぇ、なかなか仕事の効率が上がんなくって、今日も休日出勤してたもん。
でも「状況の好転」とか「思いがけない援助」、いいんじゃな~い?

  ・濁った水
コンディションの悪化。病気。混乱した考え。
・溺れる
浮かびあがることが出来たら、願望成就。沈んだままなら苦境・困難を告げる。

ほおぅ、これらを総合して実際の現状と照らし合わせると、今私の中で仕事が思いっきり混乱してストレス溜めちゃってるけど、そのうち何とかなる、ってことなんじゃないかしら。
それはちょっと嬉しいかも。

ま、できる範囲でがんばるです。

ちなみに橋の夢は

異なる存在をつなぐことを表す。あるいは次の段階へ進む事。精神的な飛躍を遂げようとしていること。仕事や恋愛に新たな展開を試みようとしているとき。
なんだって。

|

« 大人力診断 | トップページ | 髪を切りました(こうさぎ) »

「夢の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15979/2661901

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をみたよ:

« 大人力診断 | トップページ | 髪を切りました(こうさぎ) »