« うにゃとかにみそ | トップページ | 運動したり発送したり »

入試で道案内の作文

ネットでニュースを見てたらこんな記事がありました。

千葉の県立高入試で“難問” 受験生の半数0点 道案内の作文、選択肢に混乱

 二月に千葉県で実施された県立高入試で、「国語」に受験生の約半数がまったく得点できないという異例の設問があったことが二十日分かった。地図を見ながら、公民館までおじいさんを道案内する作文を書く、という出題だが、半数は「0点」。県教委は「新しい問題傾向で時間がかかったのかも」と推測するが、原因究明に乗り出した。
 設問は散歩の途中、おじいさんに出会ったとの想定で、公民館までの道を尋ねられ、急な上り坂のあるAの道か、平らなBの道を選び道案内を作文で書かせる内容。「自分が考えたことなどを的確に相手に伝えるため、適切な言葉で表現する」との出題方針だったが、県教委の集計では正答率はわずか14%。しかも約半数、46%が0点とまったく得点できなかった。

 進学塾などの教育関係者は、設問の前段にある「まずおじいさんがどのような様子なのか、一つ仮定しなさい」として、「急いでいるようだ」「体力がなさそう」「とても元気そう」「時間の余裕がありそう」の四つの選択肢から、一つ選んだ上で書くように指示していることが混乱の原因と指摘。県教委は「どれでも構わない」との意図だったが、意外にも受験生たちは、「どれを選ぶか」で悩んだようだ。

 進学塾関係者によると、受験生の多くが「おじいさんに急な坂を上らせてはいけない」「急いでいるかもしれないから、遠回りさせてはダメ」などと悩んだようで、何度も書き直して時間切れとなり、泣き出した受験生もいたという。設問の最後で「あなたが、そのおじいさんにどのような配慮をしているのかがわかるように」とあったことも受験生たちを一層苦しめたようだ。(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040521-00000021-san-soci (文字色は私がつけました。)

ありゃあ。確かに難しいかもねぇ。
入試という「間違いは許されない」と思い込みがちな崖っぷちの状態で、しかも高校入試ってことは初めての受験の人が多いだろうから緊張もひとしおでしょうし。
そんな状態でこの問題は色々ぐるぐる考えちゃうでしょう。うん。
そっかぁ、泣いちゃったか。うんうん。

でも悪い問題じゃないと思うな。
こんな問題が増えてくれば受験生も対策をするだろうし、考える力もつくでしょう。
「仮定しなさい」のところで「仮定の内容はどれでも点数に関わらない」と書いてあれば良かったのに。
問題を出すほうも経験が必要ってことなんだろうね。

|

« うにゃとかにみそ | トップページ | 運動したり発送したり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15979/628695

この記事へのトラックバック一覧です: 入試で道案内の作文:

« うにゃとかにみそ | トップページ | 運動したり発送したり »