« 上高地 旅の記録 | トップページ | 三河 旅の記録 »

寸又峡 旅の記録

旅行日: 2003.11.06 - 11.07




一日目 浜松→寸又峡温泉 山湯館 (泊)
二日目 寸又峡→浜松




一人旅でございます。
日記にも書いたけど、母上の言動に腹を立てて、その日のお昼すぎには宿に予約を入れて車を走らせていました。頭を冷やしたかったし。
でも、実のところこのきっかけがなくても、そのうち一人でぼーっとしに行きたいな~とは思ってたんだよね。渡りに船でした。

例によってカーナビに宿泊先を教えて、いざ出発。
ところがところが、カーナビが教えた道はどうやら上級者向きだったようで…
「うっそ、ここ通るの!? す、すれ違えない~っ! たすけてー!!」
などとひたすら騒ぎながら運転しました。



どうにかこうにか、暗くなる前に目的の宿、山湯館に到着しました。
あまりに急な予約(だって当日の昼過ぎだよ。)の上に女性の一人旅。どうやら日付を間違えたんじゃないかとも思ったそうです。
部屋まで案内してもらって、「お仕事ですか?」と声をかけられました。
ノートパソコンを抱えていったんで、モノ書きさんだとでも勘違いされたんでしょうか。
「あ、いえ、そんなわけではないんですが…(ごにょごにょ。)」
親と喧嘩して飛び出してきましたとは言えません。(笑)

運転で凝り固まった体をほぐすために、すぐに温泉、です。
これがまたとても良い温泉で、お湯につかるとすぐに肌がつるつるする感じが実感できるのです。露天風呂の風情も良いし。うふふ。しあわせ。


お食事は部屋食ではなかったので、宴会場に向かいます。 おとなりのテーブルが陽気なご夫婦で、月に一度はこの宿に泊まりに来るという常連さん。宿の人と気さくに仲良く話しています。常宿をもつって、うらやましいな。 「どこからいらしたの? ひとり?」 気さくなご夫婦に聞かれました。 「浜松から車で一人で運転して来ました。も~道か細くてどうしようかと思ったんだけど、戻ろうにも戻れないし、困っちゃいましたよ。」 と答えたところ、二人ともびっくり顔。 「私たちも浜松から来たんだけど、よく一人で運転してきたねぇ。うちは奥さんがまっすぐの道を運転して、山道は私(旦那さん)が運転するんだよ。ひとりじゃ大変だったでしょう?知らないってこわいねぇ。えらいえらい。(笑)」 あ、いいなぁそれ。とっても仲良しな感じ。 会話も楽しく、お食事も美味しくいただきました。

食事の後、ちょっと休んでまたお風呂。
露天風呂で別の人に声をかけられました。
「ガイドさんか何かですか?」
…ちがいます。


夜もぐっすり眠り、起きて朝ごはん。
でも、前日の夜に食べすぎで、美味しそうな朝ごはんが全然食べれませんでした。もったいない。

ご飯を食べ終わって、宿に車を置かせてもらって、お散歩に出発です。
散策ルートの入り口でお茶を売っているかわいいおねーちゃんに、ルートの地図をもらいました。
「今日は女性の一人旅の方が多いですよ。もう3人目です。」
へぇ、みんな一人で旅をするのねぇ。



散策ルートをてっけれてっけれと歩いていくと、朝の空気はさわやかで、とっても良いお天気に日差しがまぶしくて、世界って美しいと思いました。
紅葉には少し早かったけど、それでも色づいた木もちらほら。


更に歩いていくと、こんな看板を発見しました。
こ、これは、どうしたらいいんだろう。
でも最近、スポーツクラブに行って、ちょっとずつ体力もつけてきてるし、ここはチャレンジか?チャレンジするのか?私。

よ~し、いっちゃえ!

そして私は坂を下り始めました。



そして、坂を下りきったところにこんな景色が広がっていました。
水が不思議な色なのです。コバルトブルー?でいいのかな?
そしてその水面に移りこむ景色もやっぱり不思議で。
そもそもあまり景色を堪能しようというつもりのなかった旅だったから、この景色に出会えてとても嬉しかった。らっきー。左にちらっと見えているのは問題の「夢の吊橋」です。



こんなに足をつくところが狭くって、おまけに手すりのかわりがロープで、しかもすぐ下が見えてて、踏み外したら靴とか落としそうで、おまけにものすごく揺れるなんて、どこにも書いてなかったじゃんっ!!
前をあるくおじちゃんの足元見て。
板を張ってあるのが、これっぽっちの幅なんだよ。
人間がすれ違えないじゃん!


でもさ、ここまできたからさ、やっぱり渡らないわけにはいかなくって、渡りましたよ。ええ。半泣き状態で。
さすがに渡っている間は怖くって、おまけに落としそうでカメラ(ケータイ)を出して撮影することはできませんでした。
それから渡り終わって、ほっとして、振り返ってみるとこんな注意書きが…!

「11人以上の通行は危険です」

渡り終わってから書いてあったって、意味ないでしょお!?ほんっと、怖くって、渡り終わってしばらくしても、心臓がず~っと「ばくばく」いってました。


それから、注意書きに書いてあったとおり、ず~っと続く上り階段です。 でも、いざ進んでみると意外に大丈夫。というか全然問題なく、平気。 すいすいと上ることができました。 途中、ご夫婦連れや、おばちゃんたちの仲良しグループを追い越しました。 「あら~、若いわねぇっ! あんな靴ですいすい上っちゃうんだもんねぇ。」 と感心されてしまいました。 会社辞める前の体力皆無の私からは、とても信じられない事態です。 ああ、旅行する体力があるって、シアワセなことだなぁ。ほんとに。

散策を終えて、まだ早い時間だったけど帰途につきました。
あまり良い状態で家を出発してないんで、あまり遅くなってもいけないかと思ったの。
帰りのルートはちゃんと確認して、国道一号線を使うような山道じゃないルートで帰りました。
あの往路の苦労が冗談じゃないかと思うほど、楽な道でした。

また一人でふらっと遊びにいきたいな~。
ちょっと味をしめちゃったかも。

|

« 上高地 旅の記録 | トップページ | 三河 旅の記録 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15979/481416

この記事へのトラックバック一覧です: 寸又峡 旅の記録:

» SLで行く寸又峡の旅 [Deli's]
キレイな景色・キレイな空気・キレイな色の水・・・静岡大満喫。 +今回のコース+ ::1日目:: 自宅→東名相良牧の原IC→新金... [続きを読む]

受信: 2004.09.29 00:18

« 上高地 旅の記録 | トップページ | 三河 旅の記録 »