トップページ | 2003年12月 »

侵入者

夢の話。

夢をみた朝: 2003.11.20

ある一戸建ての家の留守番を頼まれて、そこにひとりで泊まることになったその夜のこと。
部屋を暗くして寝ていた私は不穏な気配に眠りの世界から連れ戻された。
なかば寝ぼけた状態で
「な~んで、目が覚めちゃったんだろう。。」
なんて思いながらお布団でじっとしてたら、今度は明らかに何かの気配がする。
その気配に私は寝ぼけ状態からちゃんと覚醒し、息をひそめる。
…だれかいる。

暗闇に慣れた目はその暗闇の中でも家具などの輪郭くらいは認識することができる。特に家電のタイマーの明かりを馬鹿にしちゃいけない。そこだけふわっと浮き上がったように物の状態を浮かび上がらせる。
そんななか、ワゴンをはさんだ向こうに明らかに人の形をした黒い影がごそごそと動いている。
妙にその影は細く、そして人間の大人にしては少し小さい。でも体のバランスを見るとそれは大人のようで、その不自然さに私は息をひそめたまま身震いをした。
これは、最近噂になっているあの生き物だ。

噂。その生き物に別の生物が触れると触れられた生物は溶けて液化し、更には蒸発してなくなってしまうのだ。被害にあっているのは、家畜として飼われているニワトリや豚、ペットの犬、そして人間。

彼は多分、誰をも殺す気などなかったのだ。
でも、生き物が恋しくて、異端者の自分を受け入れてほしくて、更には生きるための食料を確保するために呼びとめようとして…結果、恐怖の噂を作り出すこととなった。
そんな彼が今私と二メートルと離れていない場所にいる。
こわい、こわい、せつない、こわい、手を差し伸べたい、こわい、こわい。。

いつの間にか彼はいなくなっていた。
私は床を出て玄関に行った。
戸締りを忘れていたのは私だったが、私は扉は閉めていたはずだった。
その扉が半分忘れられたように開いている。

夢ではなかったのだ。怖い夢を見たのだと、その中で私は彼を無視したのだと、だから私は彼を傷つけていないのだと思いたかった。
でも、半分開いた扉は彼の訪問が現実であったことを告げていた。
私は私の身を守ることを優先した。それは間違いだったのか、それともそれでよかったのか、いずれにしても後味が悪い。


と、あまりの後味の悪さに、今度は本当に目覚めた。
…なんだぁ? この夢。 怖いし嫌だし、まったくもう。
隣でシアワセそうに寝ている「うにゃ」が救いだったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒い蝶の群れ

夢の話

夢をみた朝: 2003.11.19

夕方、太陽は沈んだんだけどまだ夜とはいえない、不思議な時間に東京の友達が訪ねてきた。玄関をあけるとそこに広がる夕闇、そして15~20羽ほどの黒い大きい蝶が群れながら左下から右上のほうに移動し、それからまた玄関の前まで戻り、また離れたりを繰り返した。
夕闇の紫がかった空間に妙に黒く光る蝶の羽はとっても幻想的で、つい見とれてしまったのだった。
度々私たちのいる玄関に近づくのだが、その拍子に一羽が家に入ってきた。
黒い蝶はぱたぱたと羽を動かしながら私を見、そして友達をみて、何事もなかったように外に出て行った。
「なんか…よくわかんないけどすごいねぇ。はじめてみたよ。」
私は友達に話しかけた。
「そうだね。黒い蝶の群れの一羽が近づいてくると、いい事があるって言い伝えがあるよ。何かいいこと、あるんじゃない?」
友達はにっこり。ああそうなんだぁ。うれしいなぁ。

そんな風に喜んでたら次はまるでぬいぐるみのような黒猫の集団が現れた。
大きな黒猫から小さな黒猫、全長5センチくらいの現実にはありえないようなサイズの黒猫まで、みんな楽しそうにぴょんぴょんと飛び跳ねながら、友達と私の脇をすり抜けて家に入ってしまった。
あわてて猫たちを捕まえようとするんだけど、これがまたかわいくって、なかなかつかまらないのだった。
今日はいいことがあったなぁ。満足満足。
黒猫にかこまれて、お友達と楽しく話をして、シアワセいっぱいの夢でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な館

夢の話。

夢をみた朝: 2003.11.14

現実の世界には存在しないはずの場所が、夢に何度か繰り返し登場することがある。今朝の夢もこれまでに何度か訪れたことのある場所の夢だった。

古い古い大きな日本家屋で、夢の中でそこは私の家の本家ということになっている。
あまりにも古いので、一部を観光客に公開しているのだけれど、その観光客用のルートとは違う場所に隠し扉や階段、隠し部屋などがある。その秘密の通路を通ってたどり着くのは二階、昔からの商売道具が置いてある倉庫のような薄暗い部屋なのだ。昔からの商売というのは造り酒屋で、その倉庫には酒造りの道具や秘蔵の古酒などが眠っているのである。

何度か来たことがあるので一応そこにたどり着く道順はわかっているはずなのに、度々迷いそうになる。その途中の部屋は死者をまつるための部屋で、私はその部屋で誰かに「ちゃんと先祖供養したほうがいい」と一生懸命に訴える。誰かとは多分その家の若い家長で、あまりに早く家を継いでしまったので何をどうしていいのかわからずに途方に暮れているのだった。
襖を隔てた隣の部屋には、若い家長の母親が病の床についていて、隣の部屋から私の話に同意し、一緒に家長を説得した。彼女はもうすぐこの世の人ではなくなるだろうと私は思った。もしかしたら既にこの世の人ではなかったのかもしれない。いずれにしても全体的に暗くて重い夢だった。

そういえば、私の何代か前は本当に酒屋で、かなりの土地持ちだったらしい。
この夢はそんな無意識の記憶が見せたものなのか、それとも誰かがこの夢を通じて何かを訴えようとしているのか…。
前にこの屋敷の夢を見たときには秘密の通路の通り方を教えてもらったのだった。確かその夢は半年以上前に見ているはずである。次に見るときにはどうなってるんだろう。どきどき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USJと京都 旅の記録

旅行日: 2003.9.24 - 9.26


一日目 浜松→USJ
二日目 大阪→京都
三日目 京都→浜松


母と二人でUSJと京都に行ってきました。
やっぱりテーマパークは待ち時間の少なそうな平日に行きたいでしょ。
で、行ってみたらば、時折どしゃぶりでしたの。(笑)

USJは待ち時間が長くても30分程度でたくさん楽しめました。
雨がひどくなる前に、屋外のアトラクションを片付けちゃったんで、それほど影響ありませんでした。
母上がそりゃもう、はしゃいじゃって大変でした。

京都はやっぱりどしゃ降りの中、二条城に行きました。
門の上に入れたり、台所に入れたりしたのだ。
で、二条城の台所なんだけど、平和な時代に武士の待機する場所だったみたいで…壁が弓の稽古で穴(というか、へこみ)だらけだったり、筆で書いた落書き(変な顔とか)があったり。
ああ、昔も「おばかちゃん」っていたんだなぁ、なんて苦笑でした。

雨宿りに入った雑貨屋さんで、
「北野の天神さんで今日は月に一度の市が出てるよ」
と教えてもらい、二条城のあとに行ってきました。
お昼ごはんはタクシーの運ちゃんに教えてもらった豆腐のお店、「とようけ茶屋」で、生湯葉丼をいただいたのでした。ちょ~美味っ!で大満足でした。

市では食べ物とか雑貨とか色々売ってたんだけど、私と母と趣味が違うので、あまりゆっくり見られなかったのでした。
毎月25日が市の日だとのことなので、機会があったらぜひどうぞ。
それから、金閣寺に行って、キラピカぶりに圧倒されました。

翌日は京都御苑に行って、御所を外から見てみました。
初めて行ったけど、おっきいねぇ。。今度は中も見たい。
それから銀閣寺に行って、帰りにちょこっと哲学の道を散歩し「名代おめん
で「おめん」なるものを初めて食べたのでした。うみゃいです。

それから二条陣屋の予約時間が迫っていたので、平安神宮を急いでみて(庭園もみなかったよぅ。)、二条陣屋へ向かいました。
いや~、すごいお宅ですこと。びっくりしました。
お茶室になる部屋が7部屋ですってよ。そこに普通に人が住んでるんだわ。
能舞台になる部屋があったり、屋形船のような部屋があったり、抜け道があったり、護衛の人の隠し部屋があったり。
ものすごく空間を効率的に使ってもいて、設計者の知恵に感服した次第です。
ず~っと残ってくれるといいなぁと思います。


この記録は DOZEU's HOME PAGE から2004/04/22に移動したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥入瀬 旅行の記録

旅行日: 2003.9.19 - 9.22


一日目 浜松→東京 (友人宅 泊)
二日目 東京→奥入瀬 (奥入瀬渓流グランドホテル 泊)
三日目 奥入瀬→十和田湖 (緑水閣 泊)
四日目 十和田湖→八戸→浜松



ずっと行きたいと思ってたんだよねぇ、奥入瀬。
そんなことをお友達のえぐちさんに言ったらば、何から何までプランを立ててくれました。感謝感謝。しかも時間を有効に使うために前泊までさせていただいて、ああ素敵なお友達を持ちました。

そもそも奥入瀬にいきたいと思い始めたのは大学にいたころ。
でも当時は新幹線も盛岡までだったし、お金もなかったし、車にも弱かったんで行けないままだったんだよねぇ。ガイドブックに載っている景色を見ては溜息をついてました。

その念願の奥入瀬、初体験です。どきどき。
八戸について宿まで送迎バスで移動します。この間一時間ちょっと。
自分の運転する車はともかく、人の運転する車にはとても弱い私ですが、気分が悪くなることもなく無事に宿に到着して、宿のまわりを散策しました。
てっけれてっけれと木々の間の歩道を歩くのはとっても気持ちがよいです。
途中の橋から川の流れを見て、その水の形の変化とせせらぎの音を楽しんだり、ちょっと河原に下りてみて水のそばまで行ってみたり。
そうそう、途中に無料の足湯がありました。
座って温泉に足をつけるわけですが、その足のつくところに丁度いい石の出っ張りがいっぱいあって、その上に足をのせると…これがまたツボにはまって気持ちいいんだわ。出れない出れない。根っこがはえちゃったよ。

次の日はサイクリングです。
奥入瀬渓流沿いの道を14キロほど自転車で走って十和田湖に行くのです。
奥入瀬渓流というのは十和田湖から流れる渓流です。だから下流から上流に向かって走ることになるのです。
ちなみに荷物はレンタサイクルやさんで終点まで別便で運んでくれるので、最低限のものだけ手元に置いて移動できるのはとっても都合がよいなぁと思いました。
自転車こぎこぎ、途中で滝などの色々な見所を見ていきました。
すごいって、あの景色は。苔むした岩や倒木、木々の緑、木漏れ日、その下を生き物のように姿を変えて流れる水。言葉ではとても言い表せないんだけど、なんというか…生きて、朽ちて、朽ちた後にまた新しい生命のはじまりを助けるって当たり前の連鎖の美しさ、潔さ、それからその命の連鎖の中を流れ続ける清らかな水は決して同じ水ではないのにずっと流れ続けていくという…ああやっぱり表現できない。うう。大げさかもしけないんだけどさ、受け継がれていく命に地球を感じたよ。

十和田湖について、自転車かえして荷物をひきとって遊覧船で宿に向かいます。遊覧船から見る十和田湖畔の木々は枝ぶりがとても見事で、てっきり誰かが手入れしているんじゃないかと思ったんだけど、実は全くの手付かずなんだそうです。もちろん湖の水もとっても透明できれい。

遊覧船をおりて、お散歩しつつ十和田神社に行きました。
十和田神社には占い場というものがあって、まぁものは試しとその占い場に向かって石段を登りはじめたのはいいんだけど、かなり登ったところで石段はなくなり、後は登りの山道になっているのです。
でも、ここまで登った石段を無駄にしたくないと思って、頑張って山道を登りました。ところどころ手をつかなくちゃ登れないくらいの山道で、私は神社にいたはずなのに何でこんな目にあってるんだろうって思いながらやっと登ったのでした。
見晴台について、祠があって、これだけ~?と思ったら、えぐちさんが下に下りる階段をみつけました。階段…いや違う、鉄梯子。岩に取り付けられた鉄梯子です。目的地の占い場はこの鉄梯子の下にあるようです。ちなみに邪な心で鉄梯子を降りると落ちるという言い伝えがあるようです。
少し離れてみてもそこはとてつもない断崖絶壁な気配がしているので、怖くて私はその鉄梯子に近づくことすらできませんでした。いいのか?観光地にあんなに危険いっぱいのもの放置しといて。びくびく。

無事に占い場に続く見晴台から帰還して、まだ時間があったのでタクシーで十和田湖を見渡せる展望台に行きました。たまたま選んだ展望台が、タクシーの運ちゃんに言わせると一番よい景色が見られる展望台だったそうです。実際大当たりでした。湖面の青さがより青くて美しかったです。

そして、景色に感動した一日を過ごしたのですが、実はものすごいことになってたんですわ。
何って、私の足です。もともと体力が全くない私が自転車頑張って14キロもこいだんです。そして後で聞いた話がこれ。
「実はね、最初に言うとつらくなっちゃうと思って黙ってたんだけど…実は高低差200メートルもあるんだよね。」
な…なに~っ!!
もちろん山道なんで登りもあれば降りもあります。で、最終的にそれだけの高低差があったってことは、それ以上に登ったってことじゃん。うぎゃ~うぎゃ~。いたいよ~、足が太ももがいまだかつて経験したことのない筋肉痛だよ~。
痛くて階段の上り下りができないんだもん。こんなんじゃ、明日帰れないじゃん。
温泉で泣きながら足をもみほぐし、もみほぐし、そしてもみほぐし。なんとか翌日は歩けるようになってました。よかったぁ。

最終日は乗合タクシーで八戸に向かったんだけど、これがなんと私たち二人の貸切状態になってまして、めちゃくちゃラッキーでした。
奥入瀬渓流の脇の道、つまり私たちが自転車でえっちらおっちら登った道を今度は車で逆方向に走ります。もう一度奥入瀬の自然を目にやきつけたのでした。

八戸で八食センターに行ってお土産と薬を購入しました。何の薬って…筋肉痛の薬よ。動けるには動けたけど、まだとっても痛かったのよ。
お土産はりんごジャムとブルーベリージャムと生ホタテ。殻をとったとっても大きな生ホタテが12個で1000円だったかな。しかも殻を取ってあるのに生きてるんだよ。お店の人が「ほら」ってつついたら、ぴくんて動くんだもん。それを送るんじゃなくて保冷剤を入れた保冷袋に入れてお持ち帰りです。当日食べたほうが絶対美味しいもんね。実際、うっとりするほど美味でございました。

そんなこんなで、筋肉痛にはなったけど、とっても大満足な旅でした。


余談
八戸駅でかかってた、 
♪いっか(イカ)いっかいっかいっか、はっちのっへの~♪
って歌、めっちゃ気が抜けたよ。



この記録は DOZEU's HOME PAGE から2004/04/22に移動したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うにゃの冒険

夢の話。

夢をみた朝: 2003.11.10

私は「にゃん」という、うにゃの声で目覚めた。(実際は夢の中で目覚めただけなので現実の私は眠っているのだけど、目覚める夢を見ると何が現実かわかんなくなるよね。。)
ベッドから体を起こして声のしたほうを見ると、机の下の方と私とを交互に見ている。
「どうした? 何かあるの?」
机の下を見ると…見たこともない虫がいる。うげ。
その虫は体部分が直径3センチくらい。でも蜘蛛のような折れ方をした長い足がついている。その長い足はワイヤーでできたハンガーみたいで、白い足と赤い足、緑の足がそれぞれ二本ずつ。しかもその足は折りたたんで30センチくらいあったので、一本をのばすと60センチくらいになり、全長はその倍だから…き、きゃあああっ!!
「うにゃ、なんとかしてっ!」
いや、もちろんそんなことは無理だと思っていたんだ、私は。
でもうにゃはその虫に近づいていき、私は思わず目をそらした。
しばらくして、そぉっとうにゃを見ると…うにゃはその虫の足の下にすっぽりハマり、きょとんとこちらを見た。

そこで一度本当に目が覚めたのだけど、すぐにまた睡魔に襲われ眠ってしまった。

うにゃは虫を追い払ってくれたらしい。
妙にご機嫌で家の中を走り回っている。そして家具のすきまに入ったりと狭いところを探して入ろうとする。おいおい。
そのうちに戸棚の中の出て凝れないようなところに入ろうとしているので、もちろん止めようと思ったんだけどかまわずに入ってしまう。
色々と扉をあけたり引き出しをあけたりして捜すんだけど、出てきそうで出てこない。引き出しの向こうにしっぽだけ見えたりして、それでも捕まえられなくて、出すことができなくて途方にくれてしまった。
とっても困ってたら現実のうにゃに顔をつつかれて目覚めました。

なんだかなぁ。よくわからんー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2003年12月 »